弱肉強食

以前にも記事にしましたが、FX業界でM&Aによる企業買収が本格的動き出しました。

1年程前の個人投資家向レバレッジ上限を25倍以下にする規制で、一気に個人投資家の投資熱が冷めてしまいました。その後FX業者間による手数料値下げ合戦が過熱化し、各FX証券会社の収益が圧迫されている事がM&Aの背景にあるみたいですね。

最近ではSBI FXトレードが業界スプレッド最少を打ち出したり、楽天証券などがキャッシュバックを展開し、体力のある大手ネット証券がFXに力を入れてきており、生き残りをかけた合戦が繰り広げられています。

今までは大手証券会社が競争力の小さい中小証券会社を買収する事が多かったが、今月に入り立て続けに起きた再編は、大手証券同士が生き残りを賭け競争力を高めるために、さらに巨大化を目指す動きが見て取れます。

13日にGMOクリックホールディングスが仕掛けた再編で、取引高1位のGMOクリック証券を傘下に持つGMOクリックホールディングスはTOBを発表、取引高8位のFXプライムを子会社化すると発表した。

その他に取引高2位のDMM.com証券が、取引高6位の外為ジャパンのFX事業の買収を行い、取引高20兆円超えの会社となります。

SBI FXトレードの藤田取締役曰く『今後、本格的な淘汰の波が来る』との考えみたいです、やはりネット株証券に続いてネットFX証券も弱肉強食、まさに戦国時代に突入したと言えるのではないでしょうか。
ポチット応援お願いします  にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ


IPO始めるならGMOクリック証券は必須口座