魔の6月30日

6月最後のIPOは、残念ながらツナグソリューションズ、SYSホールディングス、GameWithの 3社同時上場となってしまいました。

1社1社、それぞれ良好な初値が狙える銘柄だっただけに勿体ない

同時上場になると、どうしてもセカンダリー狙いの資金が分散してしまい、初値が抑えられてしまう傾向にあります。

ただ、長期で見れば安く買えると前向きな捉え方も出来ますね。

業種・業績面から検討

業種は採用コンサルティングで人材派遣関連、あまりIPO的に好まれる業種ではありません

ただ最近は社員側の売り手市場、全般的に上げ市場ですがリクルートも良い感じで株価は上昇しています。

売上利益面でも最近の市場を反映して上昇しています。

岡三証券主幹事案件のIPOで当選期待大! 岡三オンライン証券

需要面は

仮条件は1,970~2,130円となり、市場吸収額は約11億円となるのでマザーズでは若干小さめ。

需要面ではロックアップの掛りがしっかりしているが、ストックオプションの行使期間に入っている枚数が多少あるので完璧とは言い難い。

初値予想

単独上場であれば2倍超えがあったかも判りませんが、3社も同時じゃちょっと厳しい。

三つ巴で3社接戦となりそうですが、ここの初値予想は3300円とします

他のIPO情報はこちらからにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ

 

GMOグループ上場時は当選期待大!!口座開設はココから↓