久し振りの新規承認

ゴールデンウイーク明けで久し振りのIPO、人気化する事は間違いないが、SBI証券主幹事のためポイント使用が要になる。

使用するポイントを決めるにあたって、やはり初値が解らないと使うポイントも決めれない。

ポイント枠は何単位?

直近のSBI証券主幹事案件で、公募枚数とポイント枠での当選枚数を確認。

アセンテック  200株 4510単位
ネットマーケティング 300株 11040単位
NO.1 200株 5060単位
ピーバンドットコム 300株 8600単位
フィルカンパニー 200株3450単位

これを見るとビーブレイクシステムズは3432単位なので、ポイント枠での配分は恐らく200株となるでしょう。

岡三証券主幹事案件のIPOで当選期待大! 岡三オンライン証券

初値予想

ここが一番肝心なポイントですが、業績から考えると思いの外高く付く可能性あり。

一番のポイントはゴールデンウイーク明けで、単独上場である点。

売上や利益を見て見ると、下記グラフとなる。

大幅な利益改善は見られるものの、今後の売上増加には疑問点が残ります。

大手予想は3,200円前後となっていますが、個人的には需要面での安心感からもっと上げると予想します。

初値予想は少し高めの4500円を予想

ポイントの価値

今回のIPOポイントでの当選は、前回アンセテックの270ポイントを少し超えて来ると予想。

290ポイント程度に収まる気がします。

では290ポイント突っ込む価値があるかどうかですが、公募価格が1670円に上がると考えると、初値4500円×200株の売却で利益は56.6万円。

290ポイント投入で計算すると、1ポイントの価値は600,000円÷290ポイント=1951円

個人的に1ポイント=2500円を目指すのでやや躊躇するレベル。

ただ、最近ポイントインフレが起きているので、ある程度の妥協は必要か。

参考ポイント

ではいくらなら申込して良いのか?

私がポイントあるなら、240ポイントまで申込しますね。

正直このポイントで当選は厳しいでしょうから、あくまで参考と言う事でお願いします。

IPO当選情報はこちら!!にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ

 

GMOグループ上場時は当選期待大!!口座開設はココから↓