厳しい当選状況

2016年以降で、IPOを当選させてくれた証券会社を纏めてみました。

改めて見ると、本当にIPOの当選は厳しくなったと痛感します。

  ポンサーリンク

各証券会社の当選状況

SBI証券

当選銘柄は下記の通り、何度も記事にもしていますが、もうここしか頼る所はありません

フィット*300・エボラブルアジア・PR TIMES・デュアルタップ*200・フィル・カンパニー・ピーバンドットコム・フルテック・ソレイジア・ファーマ・No1・シンシア

資金勝負で行くしかないので、当選させるにはお金をぶっ込むしかありませんね。

三菱UFJ証券

店頭で付き合いをしていた頃に良い銘柄を貰いましたが、昔から大型案件しか当選は難い傾向にあります。

頂いたのは超大型銘柄の九州旅客鉄道のみで、近年は全くと言って良いほど当選しなくなりました

がっかり

野村證券

攻略難易度MAXの証券会社、ハッキリ言って当選の可能性は非常に低い。

JR九州すら当選せず、久し振りにロコンドを頂きましたが、かなり人気薄の銘柄だったので当選したのでしょう。

大和証券

チャレンジポイントを取っており、結構期待はしていますが最近あまり当選しません。

富山第一銀行、農業総合研究所が久し振りに当選 、人気があまりない銘柄ですが2銘柄の当選は奇跡的

これからIPOを貰う事は相当難しいでしょう、戦略としては如何に超大型と言われるIPOをGETするかに掛って来そう。

勿論、公募割れ以外の銘柄ですけど。

他のIPO情報はこちらからにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ

 

スポンサーリンク