荒いネット証券

私個人的に思う事なのですが、最近のSBI証券主幹事のIPOはどうも値動きが荒い。

ネット証券だけに小粒案件を取り扱う事が多いので当然なのですが、特に気になっていたのが初値後の暴落。

ここからは個人的意見なので根拠はありません。

ネット主幹事では、どうしても初値売りが多いのが普通。

ただSBI証券に関しては、完全抽選と言えどもメインで配分されるのは大口顧客。

確実に当選させている人は数千万円、億単位の資金の持ち主。

そりゃ投資にも精通しているでしょう。

そんな人が簡単に成売りで仕掛けるとも思えませんし、会社員じゃない人も多そうだし、トレードにも貼り付けそう。

私なら、売りに出さずに寄りそうな時に一気に売りだす。(勿論適正価格以上と判断した場合)

となると、実力より高くなった初値後は、当然値崩れを起こす可能性が高い

てな具合を想像します。

  ポンサーリンク

アセンテック良かったね。

そんなSBI証券が初値を付けたのが、公募価格2000円に対して初値は5950円となりまずまずの初値。

前日の気配から行くともう少し伸びても良さそうでしたが良い感じで着地したと言えるでしょう。

初値後は怒涛のSTOP張り付き、そのまま当日の取引を終えました。

アセンテックチャート

大株主第二位の安田企業投資4号投資事業有限責任組合 無限責任組合員 安田企業投資株式会社のロックアップが甘かったので初値以上は厳しいかなと考えていましたがとんでもない。

公募組にもセカンダリー組にも、両方に良い感じのIPOでした。

こう言うIPOが続くと初値にも良い影響を与えますし、セカンダリーに参加しようという気にもなりますよね。

暫くIPOが無いのも良かったでしょう。

ただ、これで暫くする事が無くなりました(泣

IPO情報はこちらから
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ

 

スポンサーリンク