複数当選

最近はSBI証券でのポイント抽選の配分数だとか、ボーダーラインが確立されて来た感がありますが、一昔前はその辺りの事柄ははっきりしていませんでした。

現在もSBI側から正式に開示があった訳ではないので確定ではありません。

ポイントでの複数割当は何となく決まって来ていますね。

ただ、オープンにしていないだけに、何時変更されるかが解らないので怖い所ではありますね。

  ポンサーリンク

過去のポイント抽選枠

今でこそ複数当選が当たり前になりましたが、以前はポイント使用でも、複数当選はありませんでした。

今はポイント枠単独でポイントのみの抽選が行われますが、更に昔に遡ればポイント×投資資金での抽選となり、ポイント貯めても資金枠の人に勝てない状態でした。

実際私もIPOを始めた当初は、全く当選しない証券会社の1つでした。

駄目

私の失敗談

結構抜けてる事の多い私は色んなミスをやらかします。

最近ではネットマーケティングのブックビル申込数の間違い、とんでもなく少ない枚数で申込落選。

それと同じ様なミスを過去にも犯しています。

ALBERT

そのミスを犯した銘柄は2015年上場のALBERT。

ここは結構個人的に期待していた銘柄、ハッキリ何ポイントを申込したかは覚えていませんが、300ポイント位申込した様な記憶が。

300ポイントも使う訳ですから、当然1ポイント=3000円程度、90万以上の利益を狙っていた訳です。

ALBERT当選画像⇒過去記事

ALBERT企業情報

公募株数 355,100株

SBI証券割当 85.10% 262,800株

この割当だと300株がポイントで割り当てられるはずでした。

しかしどんなミスを犯したかと言いますと、SBI証券への入金額。

何とポイント300ポイントぶっ込んで、ポイントで当選するからと資金を200株分しか置いていませんでした。

当然と言えば当然ですが、ポイントで300株割当ようにも資金が200株分なので200株しか当選しなかったのです。

皆さんも、今後ポイント使われる際はお気を付けて下さい。

IPO情報はこちらから
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ

 

スポンサーリンク