ブックビル参加予定D

今回私はブックビル参加予定判定をD判定としたスシローグローバルホールディングス、自分は参加していなくとも、今後の動向含め気になる銘柄なのは間違いない。

D判定にした理由が、再生物件と理由が一番大きいが、その先入観を除いて内容確認して行きます。

業績

目論見書には1~3期のデーターしか載っていませんが、何とか売上・利益共に上がっている感じ。

3期についても、このまま順調に行けば2期は超えて来るでしょう。

スシロー利益

ブックビル参加予定の記事でも書きましたが、国内回転すしは飽和状態。

現在は海外に6店舗展開しているが、今後どれだけ海外展開を行えるかがキーとなってきます。

ライバル会社のくらコーポレーションやカッパクリエイトと比較したPERでは、ある程度は容認出来る範囲。

  ポンサーリンク

株主優待設置

新規承認された時には優待設置のリリースは無かったですが、優待が設置される事が正式に決まっています。

スシローグローバルホールディングス
100株で1500円食事券

正直、素直に喜べるほどの優待ではありません。

ライバル会社の優待状況

くらコーポレーション
100株以上 で食事券 5枚 (2,500円)
購入価格456,000円

カッパクリエイト
100株以上で3,000ポイント
購入価格130,000円

どう考えてもスシローは他の2社と比較すると見劣りしており、個人がこぞって買いに入るとは考えにくい。

初値予想

PER的には何とかギリギリ公募は確保出来ますが、優待的にライバル会社と比較して完全に見劣りします。

大株主へのロックアップ状態は完璧ですが、やはり再生案件とのイメージは払拭出来ないでしょう。

公募価格の決定が仮条件3,600円 ~ 3,900円下限で決まった事で不安感が増しており評価は難しい。

総合的に判断して、公募価格がギリギリ範囲で割れなければ恩の字。

初値予想は3500円

IPO情報はこちらから
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ

 

スポンサーリンク