フィル・カンパニー以降、エルテス・キャリアインデックス・シンシアと4社続けてSBI証券の主幹事案件が続きます。

SBI証券主幹事物件は、非常に銘柄選びが重要です。

新規公開株企業情報

上場市場は人気マザーズとなりますが、ジャスダックでも良さそうな業種。

コンタクトレンズの製造・販売を行う会社、IPOとしては地味目な業種となります。

売上の伸びや利益を見ても微妙な感じを受けますね。

まあそんな爆発的に売上が伸びる業種ではないので仕方ありません。

%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%82%a2%e5%88%a9%e7%9b%8a

需要面

公募株数200,000株に対して売出株数250,000株と若干売りが多い

OA 50,000株となっており、全ての総合計は500,000株、公募想定価格の2100円から想定される市場吸収額は約10.5億円となる。

上場市場がマザーズであれば、市場吸収額10億円は十分こなせる金額。

  ポンサーリンク

主要株主

(株)キャピタルメディカ 77.33%
(株)シンシア 5.05%
中村研 3.78%
みずほ成長支援投資事業有限責任組合 1.91%
かながわ成長企業支援投資事業組合 1.91%
オリックス(株) 1.91%
清水康久 1.10%
SBIベンチャー企業成長支援3号投資事業有限責任組合 0.86%
長嶺英昌 0.73%
飯島彰 0.73%

ベンチャーキャピタルが多少入っていますが、メインであるキャピタルメディカが直ぐに売って来る可能性は低いかと。

良い銘柄はぶっ飛びますが、大手主幹事案件と違いIPO初心者にも当選のチャンスがあり、初値成売り多いのが特徴の一つ。

悪い銘柄引いてしまうと、あっという間に公募割れしちゃいます。

すこし危険な香りもしますが、まあ割れる事はないだろうと今のところ判断。

ブックビル参加予定はCとします。

他のIPO情報はこちらからにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ

 

スポンサーリンク