とにかく早くIPO・新規公開株に当選したい、焦って証券会社口座を開設するのも良いですが、少し落ち着いて順序立てて進んでみませんか。

 なぜIPO(新規公開株)はローリスク 

日本国内(海外)で非上場であった会社が、東証・大証・名証などの市場に上場することを言います。

なぜIPOがローリスクなのかと説明しますと、IPOで上場するにあたり公募株と言う形で一般投資家にも投資を募ります。

当然、市場の類似企業と比較すると割安条件でないと誰も投資しませんよね?

割安な公募条件で公開株数が少なければ、人気銘柄はディトレードのターゲットにもなり易く、上場日には価格が高騰する事が多々あります。

しっかり銘柄を見極めIPOを購入すれば、かなりのローリスクでミドルリターンが期待できます。

 

自己紹介にも記載しましたがタケの高額当選一例

銘柄             公募価格    初値   利益(税金・手数料抜き)

  • シニアコミュニケーション 470,000円⇒1,090,000円 ¥620,000円
  • G・F・A        280,000円⇒1,290,000円 ¥1,001,000円
  • 比較コム         450,000円⇒2,700,000円 ¥2,250,000円

1銘柄当選するだけで1,000,000円を超える利益を数回をたたき出しました。

 

絶対損はしない 

そんな事はありません、何でもかんでもIPOだからと言って申込をしていると、思いがけない損失を被ります。

タケも実際1日で数十万の損失を出した事もありました。

人気がなく公募割れを起こしやすい銘柄は多くの株数が当選してしまいます、ゆえに銘柄の選別は重要

後は、当選・購入後にテロや大規模災害があった場合は公募割れの可能性もありますが、これを言いだすとキリがないですね。

 

IPO当選で大事な事 

・資金を効率良く回転させる

・当選確率の高い証券会社の口座からブックビルを行う

・公募割れのIPOを購入しない

 

以上をしっかりと頭に入れ、次のステップへ進みます!